pythonでクリップボードを操作する方法を解説(pyperclip)

pythonでクリップボードを操作する方法を解説
pythonの実行結果をクリップボードに保存したい!
pyperclipの基本的な操作方法を知りたい。
pythonを使ってスクレイピング等を行うときにURLをコピーしたり張り付けたりする作業が面倒だったりしますよね。
pythonではpyperclipというモジュールを使えばクリップボードを簡単に操作できます。実行結果をクリップボードにコピーすれば作業の効率化に役立つ場面が多々ありますので、覚えておきたいモジュールの一つです。

pyperclipを使ってクリップボードを操作する方法

pyperclipを使って クリップボードを操作する方法

クリップボードを操作するpyperclipは外部ライブラリですので、pip等でダウンロードを行います。

クリップボードの中身を出力してみよう

クリップボードの中身を出力する方法を解説します。

pyperclipでクリップボードの中身を出力するにはpasteメソッドを使用します。適当に文字をコピーしておいてpyperclip.paste()と記載すると中身が出力できます。

出力結果:クリップボード

クリップボードにコピーしてみよう

クリップボードにコピーする方法を解説します。

pyperclipでコピーを行うにはcopyメソッドを使用します。pyperclip.copy()で引数として渡した値がクリップボードに保存されています。

クリップボードを操作する事のメリット

クリップボードを操作する事の メリット

pythonでクリップボードを操作できるとどんな場面で活用できるのか、実例を交えて解説致します。

スクレイピングするURLをコピペする必要がなくなる

pythonでスクレイピングする時にターゲットのURLを張り付ける必要があります。毎日大量のURLをコピペすると単純作業にウンザリしてきますよね。

pyperclipをスクリプトに組み込むことによりコピぺの作業が簡略化され、作業効率を高めることができます。

実行結果:https://html-css-wordpress.com/

スクレイピングの基本的な知識は下記記事を参考にしてください。

→関連記事:スクレイピングの基礎知識を解説

エクセルを開かなくても値を取得できる

エクセルでまとめた情報をクリップボードに保存することもできます。

例えば、メルマガを発信していてエクセルで記事を管理していると記事をコピーするためにエクセルを開いてコピーしてからメールに張り付けたりする作業があります。

pyperclipをしようするとエクセルを開かなくても中身を取得できますので、作業効率が大幅に上昇します。今回は「セルA1」に序文「セルB1」に記事本文と入れて組み合わせて記事にするコードを記載します。

実行結果:こんにちは寒くなってきましたね今日は○○について解説します。
このようにスクリプトを実行するだけでクリップボードに記事の内容を組み合わせて保存することもできますので、コピペする作業の手間を省かせることができます。
pythonでエクセルを操作する方法は下記の記事を参考にしてください。

まとめ

クリップボードを操作すれば日々の作業を簡略化させることが可能になります。

他にも正規表現と組み合わせてコピーしたURLからアフィリエイトの商品コードだけを取得したり、コピーした内容の数値だけ書き換えたりすることも可能です。

以上pyperclipをしようしてpythonでクリップボードを操作する方法の解説記事でした。

>プログラミング情報サイト「In-Output」

プログラミング情報サイト「In-Output」

当サイトではプログラミング言語の情報を発信しています。
HTMLやCSSのマークアップ言語の学習方法や解説、WordPressでのサイト開設方法、python等のプログラミング言語を使用して日頃の作業の効率化等、皆様のお役に立てるサイトを目指しています。

CTR IMG