サイドバーに表示させるべき項目とおすすめの候補

サイドバーに表示させるべき項目とおすすめの候補
サイドバーには何を設置すればいいの?
サイドバーに表示させる項目ってサイトによってバラバラですよね。この記事ではこれを表示させるのが正解!これを表示させるのはダメ!等の断定的な解説ではありません。
何を設置するのか悩んでいる人向けに候補と設置方法
設置させる時の注意点について解説していきます。

必須レベルに設置すべき項目

まずは必須レベルに設置すべき項目です。殆どがワードプレスのデフォルト機能としてヴィジェットに用意されてありますので、よほどのこだわりがない限り設置させておくべきです。

プロフィール

プロフィールを設置する事により、サイト全体の信頼性の向上に役立つ可能性があります。なにより、オーガニック検索で来訪したユーザーに運営者の興味を持ってもらい他ページに回遊してもらえる可能性があがります。

プロフィールはワードプレスのデォルト機能では項目がありません。プラグインを使用するのもいいのですが、なるべくプラグインを使わないほうがサイトの表示スピードが上がります。プロフィールの作り方を当サイトで解説しております。

→関連記事:プロフィールの作り方を解説

検索機能

続いては検索機能です。サイト立ち上げたばかりならそこまで必要は感じられませんが、ユーザビリティの向上とサイトの回遊率に影響してくれます。

なによりスペースをとりませんので必ず設置させておきましょう。

最新記事

最新記事は他記事からの内部リンクも張られていないと思います。クローリングの催促の為に設置させておきましょう。

※補足知識:最新記事をサイドバーに表示させることで下記のデメリットが生じる可能性があります。

  1. 関連性のない内部リンクが生まれてしまう。
  2. 一つのページからの発リンクが増えすぎる
  3. 評価の低いページからもリンクが張られる

ある程度、内部リンクに詳しくなってくると、上記デメリットが頭をよぎるのではないでしょうか。共通リンクに関しての考え方は関連記事にまとめています。

→関連記事:共通リンクがSEOに与える評価

他の設置候補と注意点

サイドバーには最低限上記の項目を設置しておけばOKです。特にスマホでの閲覧数が多いサイトなら、サイドバーが記事の下に表示されますので、サイドバーを付けすぎてもそもそも読まれる事もない。サイト表示速度の低下につながるなどのデメリットもあります。

これからおすすめする項目から自身でチョイスしてなるべく設置個数は少なくしましょう。

Twitterヴィジェット

SNSを積極的に発信しているなら最優先でおすすめしたいのがTwitterヴィジェットです。

フォローボタンの設置だけより圧倒的にフォローしてもらえる可能性が増えます。サイトからTwitterのフォローが貰えると次はTwitterからサイトに訪問してもらえる可能性も生まれます。

因みに管理人はTwitterをビジネスにめちゃんこ活用しています。「In-Output」のTwitterアカウントはビジネス用に使用してませんので、ツイート等は記事更新のお知らせ程度ですが、本腰いれてTwitterで情報発信すると思わぬビジネスチャンスが生まれる可能性がありますよ!

おすすめ記事

続いて候補にあがるのがおすすめ記事ですね。自分が作り上げた渾身の記事がある場合。サイトのコンセプトの柱となるページがある場合は5記事程度にまとめておすすめ記事として表示するのもおすすめです。

人気記事

サイト内でよく見られている記事を表示するのも面白いですが、人気記事には注意点があります。

  • よく見られている記事=良質なコンテンツとは限らない。
  • おすすめ記事を表示している場合、記事が被る

よく見られる記事=良質なコンテンツとは限りません。思わぬ記事がSEOの一位を獲得して、人気記事に入る事はよくあります。当サイトで人気記事を表示するとpythonのエラー解決記事等が入ってしまいます。その記事を求める人はオーガニック検索からの流入のみでしょう。

更にはおすすめ記事を表示している場合は記事が被る事もあります。もちろん設定でコントロールはできるのですが、ちょこちょこチェックしないといけなくなりますので、コンテンツ作成への集中力が削がれる可能性もあります。

カテゴリーまとめ

カテゴリーを表示させるのもおすすめです。サイドバーにカテゴリーを表示させるならカテゴリーページにもSEO対策を施すのが理想です。

カテゴリーページをnoindexに設定しているならクローラーが巡回しないので少しもったいないですね。

アーカイブ

個人的にあまりおすすめしないのがアーカイブページです。アーカイブページとは2020年1月の記事等、月毎に掲載した記事がまとめられているページですね。

特にこのページにはnoindexを設定しているサイトも多いと思います。クローラーも巡回しませんし、アーカイブページから目的の記事にたどり着くユーザーも少ないです。

なにより、サイト運営が長ければ、めちゃくちゃ長くなります。

アーカイブを表示させているサイトが多いから自分も設置しよう!程度の考えで設置しているなら外しておいたほうがいいですよ。

広告設置

広告をサイドバーに表示させるサイトもよく見かけますが、これはアドセンスじゃないと収益にはならないでしょう。

報酬単価が高い商品をサイドバーにも表示しておこう!等の考えでは商品は売れません。それなら、おすすめ記事等に商品紹介ページを表示させましょう。

アドセンスならクリックがあるだけで収益が発生しますし、ユーザーの好みに合った広告が表示されるのでそこそこのクリックに繋がります。

まとめ

この記事ではサイドバーに表示させべき必須項目とその他のおすすめ候補を解説いたしました。

重要事項のおさらいですが、必須項目以外の設置は以下の点に気を付けてください。

  1. 共通リンクを増やしすぎない
  2. noindexに指定しているページへのリンクはなるべく控える
  3. 表示する記事は被らせない
  4. 広告を張るならアドセンス!

>プログラミング情報サイト「In-Output」

プログラミング情報サイト「In-Output」

当サイトではプログラミング言語の情報を発信しています。
HTMLやCSSのマークアップ言語の学習方法や解説、WordPressでのサイト開設方法、python等のプログラミング言語を使用して日頃の作業の効率化等、皆様のお役に立てるサイトを目指しています。

CTR IMG