PHPのローカル開発環境を構築する【XAMPP】

XAMPPをインストールしたい!
PHPはサーバーサイド言語です。WordPressもPHPがサーバーで処理をしてHTMLに変換されたものがブラウザで表示されるようになります。
それだと動作を確認するためにわざわざサーバーにアップして挙動を確認しないといけません。それは流石に面倒ですよね、
この記事ではローカルでPHPを動かせるXAMPPのインストール方法を解説します
更に当サイトではWordPressの為のPHP学習講座をしていきますので、Bitnami for XAMPPでローカルにWordPressを実装する方法までを解説します。

XAMPPをインストールする

プログラム言語の環境開発って難しそうなイメージがありますよね。しかし、XAMPPのインストールは非常に簡単です

まずは、XAMPPの公式ページへアクセスします。

→外部リンク:XAMPP公式ページ

XAMPPインストール手順

使っているOSを選択してクリックすると自動的にダウンロードが始まります。

XAMPPインストール手順2

後は「Next」をポチポチクリックしていくだけでインストールは完了します

XAMPPインストール手順3

取りあえず、全ての項目にチェックが入っていてOKです。

XAMPPインストール手順4

インストール先をCドライブ直下にしています。

XAMPPインストール手順5

当サイトではWordPressの為のPHPを解説しています。BitnamiはローカルでWordPressを動かすときに使いますので、チェックを入れておきましょう。

XAMPPインストール手順6

Bitnamiのページが自動的に開かれますが、とりあえずはスルーしてください。

XAMPPインストール手順7

以上でインストール完了です。

XAMPPの動作確認をする

それでは簡単にXAMPPの動作確認をします。インストール終了後に自動的にXAMPPが実行されますので、apacheを起動させましょう。

XAMPP動作確認

続いてお使いのブラウザで「http://localhost/」にアクセスします。

XAMPP動作確認

上記画像が開けば接続成功です。

プログラムを書いて実行してみよう

さっそくPHPで文字を出力してみます。「cドライブ」>「xampp」>「htdocs」でテキストファイルを新規作成しましょう。

XAMPP動作確認

<?php
echo 'PHPの学習を始めます。';
print 'テキストは表示されていますか?';
?>

コチラのコードをコピペして拡張子を「.php」に変えましょう。

→関連記事:拡張子の変更方法

「http://localhost/test.php」にアクセスして文字が表示されればテスト終了です。

Bitnami for XAMPPでWordPressをインストール

続いてBitnami for XAMPPからWordPressをインストールします。XAMPPのみの目的であれば必要ありません

インストールする前にXAMPPでapacheとMySQLをスタートしておいてください

XAMPPのインストール時にBitnami for XAMPPの項目でチェックを開いているなら自動的にページが開かれています。閉じてしまった場合はコチラです。

→外部リンク:Bitnami for XAMPP

サイトをスクロールするとWordPressのダウンロードボタンがあるのでクリックしていきます。

bitnamiインストール

アカウントにサインインしてインストールする事もできますが、下の「No thank・・・」をクリックするとサインイン無しでもインストールできます

bitnamiインストール

言語は英語を選んでおきましょう(日本語は有りません)

bitnamiインストール

Nextで進んでいきます。

bitnamiインストール

XAMPPをインストールフォルダーでインストールしましょう。

bitnamiインストール

アカウントを作成していきます。

  • 「Login」:ログインIDを記入します。
  • 「Your real name」:本名の記入欄ですがなんでもいいです。
  • 「Email Address」:アドレスを記入します。
  • 「Please enter the existing MySQL password for XAMPP Password」:MySQLのrootパスワードを入力します。
  • 「Enter the application password」:WordPressのパスワードを入力します
  • 「Retype password」:上記の再確認です。

bitnamiインストール

サイト名は何でもいいです。(後から変更可能です)

bitnamiインストール

「Finish」でインストール完了です。

bitnamiインストール

「http://localhost/wordpress/」にアクセスすると「WordPress」の画面に遷移できます。メタ情報からログインするとログイン画面に入れます。

bitnamiインストール

まとめ

この記事ではXAMPPのインストール方法とBitnami for XAMPPでローカルでWordPressの環境を立ち上げるる方法を解説しました。

開発環境が初めての人は少し難しかったかもしれませんがPHPの開発環境は他の言語に比べて非常に簡単です。一度立ち上げてしまえば後は学習するのみです。

>プログラミング情報サイト「In-Output」

プログラミング情報サイト「In-Output」

当サイトではプログラミング言語の情報を発信しています。
HTMLやCSSのマークアップ言語の学習方法や解説、WordPressでのサイト開設方法、python等のプログラミング言語を使用して日頃の作業の効率化等、皆様のお役に立てるサイトを目指しています。

CTR IMG