AviUtlの導入方法[ダウンロードからインストール]

AviUtlの導入方法[ダウンロードからインストール]

動画編集ソフトAviUtlのダウンロード方法とインストール方法を解説します。
現在の動画編集ソフトとして必須のMP4を扱えるようにするプラグインの導入まで完了致します。

Youtube動画でAviUtlの導入方法を解説しています。

AviUtlのダウンロード

AviUtlをダウンロードからインストールする方法をざっくりと紹介します。

AviUtlは下記のサイトからダウンロードできます。

AviUtl

特に理由のない場合は最新バージョンのものをダウンロードしてください。

AviUtlは拡張子(プラグイン)を導入して機能を追加していく動画編集ソフトです。

まずは製作者のKENくんがリリースしている拡張編集Pluginを導入しましょう。

AviUtl_2

青枠で記載されているように同画面をスクロールしていくとOmakeの項目に拡張セットがありますが、コチラはバージョンが古いです。実際に動作確認をしたわけではありませんが、赤枠で囲っているのが最新バージョンです。
テスト版とありますが、AviUtlは残念ながら今後のアップデートが見込めないソフトです。
テスト版となっていますが、特に動作に問題なく、実質の最新バージョンとなっていますので、コチラを使用してください。

ダウンロードした二つのzipファイルは共に解凍してください。
その後、拡張編集Plugin(exedit93rc1.zip)の中身を全てAviUtlのフォルダに入れてください。

AviUtl_3

お次はMP4を取り扱う為のプラグインを導入します。

rigayaの日記兼メモ帳様が公開されているプラグインを使用します。

rigayaの日記兼メモ帳:https://rigaya34589.blog.fc2.com/

AviUtl_4

サイドバーから「x264quiEx 2.xx」をクリックします。

AviUtl_5

OneDriveから赤枠で囲っているzipファイルをクリックするとダウンロードが始まります。

AviUtl_6

解凍した後setup.exeを起動します。

AviUtl_7

赤枠で囲っている「・・・」からAviUtlファイルをしていします。

AviUtl_8

指定した後に「次へ」を押すとインストールが始まります。

次はRePOPnさんのL-SMASH Worksをダウンロードします。

RePOPn > L-SMASH Works:https://pop.4-bit.jp/?page_id=7929

AviUtl_9

赤枠の「release1」をダウンロードします。

AviUtl_11

展開したフォルダから赤枠で囲っているファイルをAviUtlフォルダに移してください。

>プログラミング情報サイト「In-Output」

プログラミング情報サイト「In-Output」

当サイトではプログラミング言語の情報を発信しています。
HTMLやCSSのマークアップ言語の学習方法や解説、WordPressでのサイト開設方法、python等のプログラミング言語を使用して日頃の作業の効率化等、皆様のお役に立てるサイトを目指しています。

CTR IMG