MixHostでワードプレスをインストールする方法を解説

mixhostでワードプレスをインストールする方法を解説
mixhostでワードプレスをインストールする方法が知りたい!
この記事ではmixhostでワードプレスをインストールする方法を解説します。基本的に難しい操作はありませんのでサクサク終わらせましょう。しかし、設定を間違えると後々面倒な事が発生しますので、そのようなポイントはしっかり記載しておきます

さっそくワードプレスをインストールしよう

さっそくワードプレスをインストールしよう

前回の記事までにドメインとmixhostの紐づけは完了していますので、まだ紐づけしていない方はそちらを参考にしてください

→関連記事:お名前.comとmixhostを連結させる方法

ワードプレスインストール

全開の続きから解説します。cPanelにて画面下までスクロールしますとWordPressの項目がありますのでクリックします。

ワードプレスインストール

遷移先の画面で「今すぐインストール」をクリックします。

ワードプレスインストール

ここが最大の注意ポイントです。
インストールのバージョンは最新のを選択すればOKです。プロトコルの選択は必ず「https://」を選択してください。ドメインの選択はこれからインストールさせたいドメインを選択します。ディレクトリは空白でOKです。
何故「https://」を選択するのかですが、これがSSL化と呼ばれるもので、めちゃんこ簡単に説明しますと「http://」を選べばSEOのランクも落ちます、画像等も正しく表示されないかもしれません。

ワードプレスインストール

サイト名には今後運営していくサイトの名前を入力してください。サイトの情報は空白のままにしておいてください。後からでも自由に変更できますので、ここで考え込む必要はありません。

「マルチサイトを有効にする」の項目は空白のままでOKです。

ワードプレスインストール

管理者アカウントのIDとパスワードは今後ワードプレスにログインに必要となります。

ワードプレスインストール

言語の選択は日本語を選択するとして、そのしたにセレクトプラグインとあります。

特にこの段階でプラグインを入れる必要性はありません。というのもワードプレスを運営するにあたって殆どの方は何かしらのテーマを使用すると思うのですが、テーマによってはプラグインと互換性がなく、不具合が起きてしまう可能性があります

これらのプラグインはテーマ導入後もインストールできますので、それからでもいいでしょう。ただし「Limit Login Attempts」は不正ログインを防ぐプラグインとなっていますので、これだけはインストールしておいてもいいような気もします。

ワードプレスインストール

最後にアドバンスドオプションを開いて自動バックアップの項目を設定しておきましょう。デフォルトはバックアップしないになっていますが、自分のサイト更新頻度にもよりますが、とりあえず月1回程度を選択しておけばOKです。

まとめ

まとめ

mixhostにワードプレスをインストールする方法は以上となります。

実際にここまで終わりましたら自分のドメインにアクセスしてみましょう。実際にサイトが表示されていると思います。この時サイト表示されていなければどこかしら設定が間違っていると思いますので、もう一度設定を見直してください。

>プログラミング情報サイト「In-Output」

プログラミング情報サイト「In-Output」

当サイトではプログラミング言語の情報を発信しています。
HTMLやCSSのマークアップ言語の学習方法や解説、WordPressでのサイト開設方法、python等のプログラミング言語を使用して日頃の作業の効率化等、皆様のお役に立てるサイトを目指しています。

CTR IMG