サイトマップが遅れない場合の対処法【Google Sitemap by BestWebSoft】

サイトマップが遅れない場合の対処法【Google Sitemap by BestWebSoft】
サイトマップが送れていない!!
検出されたURLの数が0になる
サイトマップの送信が正しくできている事はSEOの上で重要なポイントです
しかし、ワードプレスでサイトを運営しているとどうしても不具合が発生してしまう場合があります。
この記事ではサイトマップに正しくサイトデータが送信できていない解決方法とおすすめのプラグインを紹介します

Google Sitemap by BestWebSoftを使ってみよう

Google Sitemap by BestWebSoftを使ってみよう

結論として「Google Sitemap by BestWebSoft」というプラグインを使ってみると解決できる事が多いです。

ワードプレスでサイトマップを送信するプラグインとして一番有名なのは「Google XML Sitemaps」プラグインです。かなりの人がコチラのプラグインを使用してサイトマップを作成しているのではないでしょうか。

しかし、ワードプレスを運営していると様々なアップデートによりプラグインとの互換性が悪くなり不具合が発生してしまう場合があります。ワードプレスそのもののバージョン、テーマのバージョン、プラグインのバージョンこれだけ不具合の理由が挙げられるですから原因を探すのも一苦労です。

そんな時は思い切ってプラグインを変えてみることをおすすめします。そこで管理人が一押しするプラグインが「Google Sitemap by BestWebSoft」です。

当サイト自体は「Google XML Sitemaps」を使用しているのですが、管理人が運営している別サイトでは「Google Sitemap by BestWebSoft」を使用しているサイトもいくつかあります。実際にエラーが発生する事もなく、現在もワードプレスの最新バージョンに合わせてアップデートが行われている信頼できるプラグインです

Google Sitemap by BestWebSoftの設定方法

「Google Sitemap by BestWebSoft」の設定方法を解説しているサイトがネット上にありませんでしたので解説します。

プラグインのダウンロードはワードプレス上より行えますので、新規追加からダウンロードして有効化までしてください。

Google Sitemap by BestWebSoft

有効化を終えるとダッシュボードのメニュー画面に「Sitemap」と表示されますので、そちらから設定を変更できます。

まず「settings」の項目で行うべき設定はありません
各項目を説明すると「Robots.txt」にチェックを入れるとgoogleにインデックスされなくなります。「Media Sitemap」にチェックを入れるとサイトがアップロードしている画像や動画などのURLを送信します。SEO的に有利に働く事はまずありませんので、チェックはしないほうが無難ですよ。「URLs Limit」の数値はその名の通り送信できるURLの上限です。初期の数値が50000もありますので、このまま変更する必要はないかと思います。この数値を超えると分割されて送信されるようになります。Google Sitemap by BestWebSoft

続いて「Sitemap Structure」で設定できるのが送信できるページの種類です。初期設定では「投稿ページ」と「固定ページ」のみチェックされています。「タグ」と「カテゴリー」は初期状態ではチェックが付けられていません。カテゴリーページ等にSEO対策を施している場合はチェックを付けて置きましょう

Google Sitemap by BestWebSoft

残りのページに関しては設定を変更する必要がありません。

結構長々解説致しましたが、殆ど弄る必要はありませんね。後は「Google XML Sitemaps」同様に新規記事投稿を行うと自動的にサイトマップが作成されます

注意点「Google Sitemap by BestWebSoft」で作成されるサイトマップのURLは「Google XML Sitemaps」と同様となります。これらのプラグインを同時に使用すると不具合の原因となりますので、「Google Sitemap by BestWebSoft」を使用する際は「Google XML Sitemaps」は利用を停止しておきましょう

まとめ

まとめ

今回はサーチコンソールにてサイトマップが送信できない不具合を別プラグインを利用して回避する方法を解説しました。他にも代表的な手段として「Google XML Sitemaps」のダウングレード版を利用する方法やワードプレスのバージョンを下げる、テーマのバージョンを下げる等の方法でサイトマップが送信できるようにする方法もあるのですが、少し面倒ですよね。

バージョンが変わればってエラーが発生しなくなればプラグインを元に戻せばいいだけですので、急場しのぎで別プラグインを利用して素早く問題を解決させましょう。

>プログラミング情報サイト「In-Output」

プログラミング情報サイト「In-Output」

当サイトではプログラミング言語の情報を発信しています。
HTMLやCSSのマークアップ言語の学習方法や解説、WordPressでのサイト開設方法、python等のプログラミング言語を使用して日頃の作業の効率化等、皆様のお役に立てるサイトを目指しています。

CTR IMG